東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻 松田研究室/東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻計画学研究室

HOME | about

研究室の概要

 松田研究室では、建築や都市空間がどのようにユーザーのニーズを受け止めているのか、またそもそもユーザーのニーズはどのようなものなのか、実際の場面において確かめることを目的として、建築計画学的な視点から調査研究を行っています。
 現代の日本は、高齢化の急速な進展や少子化の進行などに象徴されるように、社会が劇的に変化しています。そのなかで、これまで「あたりまえ」のものとされてきたユーザー像は、実は極めて限定的なものだったと考えています。本来、建築計画学として考えなければならないユーザー像は、極めて多岐にわたり、そのニーズも様々です。
 このような、多様化するユーザー像を解き明かすことから、建築や都市環境に求められる要件を再定義し、結果として各種施設や都市に求められる建築計画の姿を明らかにすることを目的として、調査研究を行っています。
 
 具体的に、現在主に行っている研究には、以下のものが含まれます。
 
・障害者の地域居住環境
・視覚障害者の歩行環境
医療・福祉施設計画
・ユニバーサルデザイン
 
 

松田が行ってきた調査研究

<視覚障害に関係した研究>
 ・ロービジョンを含んだ視覚障害者の歩行様態に関する研究
 ・アイマークレコーダによるロービジョン者の歩行時の注視傾向に関する研究
 ・ロービジョン者が安全に利用できる鉄道駅に関する研究
 ・ロービジョン者にわかりやすい医療施設設計に関する研究
 ・様々な見え方を備えた大学生に対応した大学キャンパスデザインに関する研究
 
<障害者の地域居住に関係した研究>
 ・重度身体障害者の地域居住に関する研究
 ・旧身体障害者入所授産施設の現状に関する研究
 ・施設に居住する障害者の地域移行に関する研究
 ・精神障害者の地域居住に関する研究
 ・身体障害者の居宅における入浴環境整備に関する研究
 ・イタリア、トリエステにおける精神障害者の地域居住に関する研究
 ・知的障害者入所施設における環境移行に関する研究
 
<ユニバーサルデザイン/バリアフリーに関係した研究>
 ・参加型空港ターミナルビル設計に関する研究
 ・参加型「福祉のまちづくり」に関する研究
 ・東京都「ユニバーサルデザインのまちづくり」の実践に関する研究
 
<その他>
 ・福祉施設の感染症対策に関する研究
 ・特別支援学校の計画に関する研究

 

設計協力・アドバイス等

・障害者支援施設 あぶくま更生園 アドバイザリー(2013年〜2014年)
・西葛西井上眼科病院 ユニバーサルデザイン計画協力(2013年〜2014年)
 

研究室の論文リスト

修士論文
2013年度(お茶の水女子大学にて/元岡展久研究室と合同)
・没入型VRシステムを用いた大規模医療施設におけるユニバーサルデザインの検討と評価
2012年度(お茶の水女子大学にて/元岡展久研究室と合同)
・お茶の水女子大学国際学生宿舎における住環境と住意識
 
卒業論文
2013年度(お茶の水女子大学にて/元岡展久研究室と合同)
・お茶の水女子大学附属幼稚園園舎の変遷と保存に関する研究
・住まい方と過程のエネルギー消費に関する研究 ー環境配慮型の木造戸建て住宅における事例研究ー
・フランスにおける幼稚園空間機能を反映した幼稚園の設計(設計)
・大学における一時滞在施設としての機能を併せ持つ複合施設の設計(設計)
・没入型VRによる眼科病院のインテリア計画の評価
・お茶の水女子大学のバリアフリー状況について
・対馬北部の集落における多世帯住宅の研究 ー隠居屋「ヨマ」の現状に関する事例調査ー
・研究室改装の計画と実施、および評価(設計)
2012年度(お茶の水女子大学にて/元岡展久研究室と合同)
・震災時におけるお茶の水女子大学の一時滞在施設としての検討
・医療施設に求められるユニバーサルデザインの役割と導入について
・ユニバーサルデザインに基づく新病院設計計画(設計)
・高齢晴眼者の注視傾向に関する研究
・障害者自立支援法移行前後の身体障害者の居住実態に関する研究
・林雅子の住宅建築におけるトップライトの分析
・戦前の百貨店建築にみられる西洋建築様式の需要について
・グレゴリー・バージェスの建築作品における環境に呼応した形態と素材
 

これまで指導してきた研究(東京理科大学初見研究室にて)

・中国の集合住宅における住様式とその変化に関する研究
・中心市街地での大型商業施設の地域施設への転用に関する研究
・小学校と地域公共施設の複合化が生みだす空間に関する研究
・三世代同居における世帯間での共用空間の使われ方
・密集した商業区域の空間の継承に関する研究
・南イタリアの集落における人々の生活と居住空間の関係に関する研究
・教育形態と学校空間の関係性についての研究
・愛媛県宇和島市愛南町外泊の石垣集落の住生活実態の把握
・人々の生活と共存する新しいアート空間の在り方について(フィンランド・フィスカルス)
・フィンランドの学校建築における文化的・社会的背景と建築形態の関係
・屋台(仮設店舗)がつくるにぎわいについて
・施設に入所する知的・身体障害者の環境移行に関する調査
・多様な障害当事者参加による設計手法に関する研究
・フィンランドにおける就学前保育施設(パイバコティ)に関する研究
・四国の過疎地域のまちづくりに見る人を地域資源化する手法に関する研究
・地域特有の領域からみる場所性について
・日本の現代住宅における庭と居住空間の関係に関する研究
・年間を通じて大きな環境変化を伴う立地における人々の住まい方(カンボジア・カンポンクリアン)
・アニメ聖地巡礼に見られる情報と都市の関係
・賑わいを持つ商店街の構成要素に関する研究、
・地域に開かれた公共図書館のあり方に関する研究
 

研究(卒業論文・修士論文)とは?

卒業論文の一番大事なことは、論文をまとめるというプロセスの難しさと面白さを知ることだと思います。また、修士論文に関しては、自分で問題を見つけ、その内容を分析するための調査を企画し、結果をまとめ人に知らせるという、一連のプロジェクトをマネージメントすることにあると思います。対象や素材について、いろいろ悩み難しいかとは思いますが、狙いを定めた研究をすることは、正直僕でもとても難しく感じています。それよりは、一つのプロジェクトをやり抜き、上手くいったり、行かなかったりする面白さを感じてもらえればと考えています。